KATSUKI

ふたりでつくる、ふたりだけの婚約指輪と結婚指輪、オーダーメイドで想いでを刻みませんか

ホーム > 各種ご案内 > 指輪のサイズについて

指輪のサイズについて

指輪のサイズについて「なんとなくしか分からない」「どうやって選んだらいいのか分からない」という方は多いかと思います。

このページではサイズの選び方やリングゲージ・サイズ棒のご利用方法についてご紹介します。

指輪のサイズについて

サイズを選ぶポイント ~プラスマイナス1号でも大丈夫~

多くの場合、指輪の適正なサイズは前後1号の余裕があります。

例えば、11号サイズの方は10号と11号、それに12号のリングが自分の指にあっていると感じる場合が多いようです。

指輪の適正なサイズは前後1号の余裕があります

サイズを計測する場合は、まずははめられる3つの号数を割り出し、その中間を取るのはいかがでしょうか?

後はお好みでユルメにしたり、キツメにしたりしてもよいと思います。

指のタイプによる選び方

大きく分けて指には3つのタイプがあります。それぞれのタイプに合わせてサイズを選んでください。

  • 先が細い

    先が細い

    指輪が「すっぽり」と抜け落ちやすいので「ややキツメ」がオススメ。

  • 全体的に均一

    全体的に均一

    ご自分の感覚で「ややユルメ」から「ややキツメ」まで選べます。

  • 関節部分が張り出している

    関節部分が張り出している

    間接を通ると指輪が中でクルクルと回るので、間接を通るぎりぎりのサイズで「ややキツメ」がオススメ。

着用の仕方による選び方 ~ライフスタイルに合わせてサイズを選ぶ~

一日中リングを着用する方は、「ややキツメ」がジャストフィット。

「ややユルメ」だと、指とリングの間に水が入ったり、はめたリングがクルクルまわり着用しづらくなる場合があります。

外出のときだけや、お出かけのときにはめるだけなら、ややユルメが安心。

むくみやある程度の体調の変化にも対応できます。

リングゲージのご利用方法
リングゲージ

標準幅のリングゲージは、1号~30号まで、1号単位で選ぶことができます。

幅は2.8mmです。

幅広用も1号~30号まで、1号単位で選ぶことができます。

幅は6.7mmです。

  • リングゲージを机に置き、左手薬指にはめてください。

    リングゲージを机に置き、左手薬指にはめてください。

    ※ 測るときはリングゲージを机につけてください。

  • 手を握ったり、開いたりを数回繰り返し、きつくないか・ゆるくないかをご確認ください

    手を握ったり、開いたりを数回繰り返し、きつくないか・ゆるくないかをご確認ください。

    念のため、ちょうど良いと思ったサイズの前後も測り比べ、最適なサイズをお選びください。

計測のポイント

指輪のサイズは、その日の体調や測る時間、むくみ等によって変わることがございます。時間をずらして数回の計測をお勧めいたします。

また、指輪は、幅やデザインで着け心地が変わります。

幅が広くなるほど装着感がきつくなりますので、リングゲージの幅よりも広い幅のデザインをご希望の場合は、0.5~1号程度大きめのサイズをお勧めいたします。

詳しくはスタッフまでご相談ください。

※ リングゲージの無料貸出は、KATSUKIのブライダル製品(エンゲージリング、マリッジリング)をご予約中の方に限ります。

サイズ棒のご利用方法
サイズ棒

サイズ棒とは、お手持ちの指輪のサイズを測るためのものです。

お届けするサイズ棒は、3号~27号まで測ることができます。

▼ サイズ棒にお手持ちの指輪を通してください。指輪の「中央」に位置する目盛の数値が指輪の号数です。

  • リング幅が4mm以内(普通)の場合

    リング幅が4mm以内(普通)の場合

  • リング幅が4mm以上(太め)の場合

    リング幅が4mm以上(太め)の場合

計測のポイント

指輪は、幅やデザインで着け心地が変わります。

サイズ棒で計測したサイズはお手持ちの「指輪のサイズ」ですので、別のデザインでは装着感が変わります。

サイズ棒は、サイズをお決めになる目安とお考えください。

指輪が変形している場合は正確なサイズを測ることができません。事前に歪みがないかご確認ください。

※ サイズ棒の無料貸出は、KATSUKIのブライダル製品(エンゲージリング、マリッジリング)をご予約中の方に限ります。

このページのトップへ